RSS

中国:北京で深刻な大気汚染続く、一部でPM2.5基準の40倍

2015年12月1日(火) 18時29分(タイ時間)
【中国】北京市で深刻な大気汚染が続いている。中国新聞網によると、微小粒子状物質「PM2.5」の濃度が高水準で推移し、大気汚染警報で上から2番目に深刻な「オレンジ」の発令時間が40時間を超えた(1日午前時点)。

 11月30日夜には、観測地点の多くでPM2.5濃度が500μg(マイクログラム)/立方米を超えた。一部エリアでは、1000μg/立方米近くに達したという。これは世界保健機関(WHO)が推奨する上限(25μg/立方米)の40倍という水準だ。

 華北地方では30日、広いエリアがスモッグに覆われ、北京市のほか、天津市、河北省の各地でも相次ぎ「オレンジ」警報が発令された。一部エリアでは、PM2.5の濃度が115μg/立方米に達し、中~重度の汚染を記録した。

 環境保護分野の専門家は、屋外での活動を控えるなどの自衛措置を強化するよう市民に呼び掛けている。また、自動車や工場など大気汚染物質の排出削減を厳しく実施することが必要と指摘した。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報