RSS

中国:浙江省嘉興で住民数千人抗議、化学工場建設に反発

2015年12月4日(金) 13時12分(タイ時間)
【中国】浙江省嘉興市の嘉善県西塘鎮で11月30日、化学工場の建設に反対する住民数千人が街頭デモを行った。警察官数百人が出動し、約30人が連行されている。外電が2日伝えた。

 地元政府は先ごろ、環境影響評価の結果を発表し、西塘鎮での化学工場建設を許可。これに反発した住民数百人が29日にデモを始めた。政府はその後、計画の許可手続きを延期すると発表したが、デモ参加者は増大。計画の取り消しを求めるスローガンを掲げて街中を行進した。西塘鎮のある商店主は、「月曜日(30日)のデモ参加者は前日を上回った。道路が人でいっぱいになった」と話している。

 問題の化学工場は、西塘鎮の大舜服装材料工業園に建設予定の「嘉善県騰成化工」。近隣の住民らは、大気や水質の汚染と健康被害を懸念している。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報