RSS

神戸牛 焼き肉・すきしゃぶ おんどる 神戸牛と創作料理 やす田 (すきしゃぶステーキ、タイ創作料理)

2015年12月4日(金) 13時13分(タイ時間)
神戸牛 焼き肉・すきしゃぶ おんどる 神戸牛と創作料理 やす田 (すきしゃぶステーキ、タイ創作料理)の画像
神戸牛 焼き肉・すきしゃぶ おんどる 神戸牛と創作料理 やす田 (すきしゃぶステーキ、タイ創作料理)
有限会社おんどる 安田 栄和 氏 会長

神戸牛を使用した創作メニュー「すきしゃぶ」が福岡から初上陸
世界に羽ばたく日本人の日々のエネルギーに

――御社概要をお聞かせください

「おんどる」は福岡県に1987年(昭和63年)、神戸牛を使用した創作メニュー「すきしゃぶ・焼き肉」のお店として開店しました。神戸牛のメニューはコールドステーキとすきしゃぶとしてご用意。すきしゃぶは割り下にお肉をくぐらせて片面だけをさっとあぶり、溶きたまごに付けて味わっていただく独自に開発したメニューであり、焼き肉の香ばしさとすき焼きの旨味を一度に味わえる逸品として、人気を博しています。

 このような料理をTPO(時、所、場合)選ばずに、「ハレの日」には心ゆくまで美味しい料理を食べてもらいたい、この情熱を持ち続けて、北九州を中心に4店舗を拡充してきました。

――タイ進出の経緯をお聞かせください

 東京ビッグサイトにて2014年10月に行われた「東京ビジネスサミット」で、バンコクのショピングセンター「エンポリアム」の食品担当者とお話する機会があり、エンポリアム内で販売されている神戸牛があまりにも高価であることを知って驚きました。多くの人に食べて欲しいのに、これでは若者は手を出せません。

 近年、多くの日本人が東南アジア諸国を訪れ、あらゆる場面で挑戦し活躍してきました。日本人の若者がもっと世界で羽ばたけるよう、海外で働く日本人がより活躍できるように、そのために食事を心ゆくまで楽しんでいただきたく、日々のエネルギーの助力になりたいと願って、東南アジアの中でも海外在住者が最も多い、バンコクに進出することになりました。

――「やす田」のコンセプトについてお聞かせください

 日本の店舗同様、ハレの日に相応しい高級感ある空間を提供しています。掘りごたつ席や個室など多種多様な部屋を揃えています。日本人のみならずタイ人をはじめとする外国人の方も気軽に美味しく神戸牛を召し上がっていただけるよう、すきしゃぶ、コールドステーキ、タイ創作料理などをバラエティ豊かにご用意しております。

日本のクオリティをそのまま維持するためにできること

――品質維持のための取り組みやタイ人調理師の教育については?

 食材は独自の物流ルートを駆使し、神戸の市場から直送。店内での保管は、日本で高い安全性、新鮮な性能保持を誇る業務用冷蔵庫で管理をしております。

 調理師は7―8人常勤。日本人調理師がバンコクで自社教育を行っています。11月25日の開店で一段落したら、日本本店で研修を実施する予定です。

――料理の価格帯は?

 独自のメニュー開発に取り組んでおります。3種類から選べる「コールドステーキ」、ひつまぶしのように食べ方を3段階味わえる「牛まぶし」、そして「すきしゃぶ」。創作メニューを心ゆくまで楽しんいただきたいと思います。価格は日本と同様、ランチは1,000円―3,500円(360B―840B)、ディナーもコース料理だけではなくアラカルトもご用意し、リーズナブルな価格をご提供できればと考えております。

――今後について

 開店当初は広告効果で日本人が多くいらっしゃると見込んでいます。まずはタイで働く日本人の皆さんに召し上がっていただきく思います。しかし、ここはタイ。タイ人のカップルやご家族などの「ハレの日」に相応しい空間と時間を過ごしていただけるよう、様々な趣向を凝らしていきたいと考えております。

――ありがとうございました

住所:74 Sukhumvit Soi 34, Sukhumvit road, Klong-tan, Klong-toei, Bangkok 10110
電話:02-258-2530  Eメール:info@ondorugroup.jp
ウェブサイト:www.ondorugroup.jp
《newsclip》


新着PR情報