RSS

タイでテロの恐れ 日本の外務省が注意喚起

2015年12月4日(金) 18時56分(タイ時間)
【タイ】日本の外務省は4日、タイの現地報道によると、IS(イスラム国)の関係者が10月下旬にタイに入国し、バンコク、リゾート地のパタヤ、プーケットなどタイ国内でテロを計画している可能性があり、タイ治安当局が警戒を強化しているとして、注意を呼びかけた。

 8月にバンコク都心のラチャプラソン交差点で爆弾が爆発し、約150人が死傷した事件や、4月に南部のサムイ島のショッピングセンターの駐車場で爆弾が爆発し、イタリア人を含む数人が負傷した事件などを上げ、タイに渡航、滞在する際は、情報入手に務め、不審な状況を察知したら速やかにその場を離れるなど、安全確保に注意するよう求めた。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ字紙マティチョンとデーリーニュースは3日、ロシア治安当局がタイ政府に対し、過激派組織「イスラム国(IS)」に関係するシリア人10人が10月にタイに入国したとして、タイ国内でロシアに対す...

特集



新着PR情報