RSS

海南鶏飯とカオマンガイ、その違いは?

2015年12月7日(月) 00時44分(タイ時間)
 の画像
 
 
 シンガポールの名物料理といえば、チキンライスですよね。発祥は中国の海南島で、労働者が東南アジアに入り伝わった料理だそうです。

 シンガポールのチキンライス「海南鶏飯」ハイナンチーファン。昼時は行列が出来ると有名な Sergeant Hainan Chicken RiceはION Orchard Turn 地下4階のフードコートにあります。

 野菜付きのセットで、7シンガポールドル。

 軟らかくてジューシーでトロけるチキンの食感は絶品。ライスは鳥の出汁を吸収し、ふっくらしてるがサラサラ食べられるさっぱり味。チキンスープが薄味で、これまたおいしい!

 シンガポールに行く機会がありましたら、ぜひ行ってみて下さい。

 ペロリと食したところで考えました。シンガポールのチキンライスとタイのカオマンガイの違いはなんだろう?

 調べてみると、調理法や食材はほとんど同じだそうです。

 違うのはタレ。

 シンガポールのタレは3種類、ダークソイソース(黒醤油)、チリソース、ショウガ&レモンだれ、お好みでかけて食べます。

 タイのカオマンガイのタレ(ナムチム)は、基本タイの液状みそ「タオチオ」ベースでニンニクがガッツリ効いたタイプです。

 バンコクのカオマンガイ屋をご紹介。皆さんご存知のピンクのカオマンガイ屋で有名な「ラーン ガイトーン プラトゥーナム」はプラトゥーナム交差点近くにあります。大人気店なので、いつも行列が出来てますが席数が多いので、少し待つと入れます。日本にも支店を出店するほどの名店です。40バーツとお安いので、ぜひ食べに出かけてみてください。
《newsclip》

特集



新着PR情報