RSS

双日のミャンマー合弁、物流業の投資認可取得

2015年12月8日(火) 23時35分(タイ時間)
【ミャンマー】双日は8日、ミャンマーの合弁会社で3温度帯(常温、冷蔵、冷凍)物流事業を手がけるプレミアム・双日・ロジスティクスがミャンマー投資委員会から物流業の認可を取得したと発表した。

 プレミアム・双日・ロジスティクスは今回の認可取得で、不動産の長期リースや外貨送金などの各種規制の緩和や優遇税制の適用を受け、経営の効率化、ピザハットなどミャンマーに進出する外食チェーンなどへの物流支援に乗り出す。

 プレミアム・双日・ロジスティクスはミャンマーの小売り・流通最大手シティマートが60%、双日が40%出資し設立。今年6月に3温度帯物流事業を開始した。
《newsclip》

注目ニュース

ミャンマーからタイへ陸送、船便で日本へ 南海通運が新サービスnewsclip

【ミャンマー、タイ】南海通運(大阪府泉大津市)は11月から、ミャンマーからタイに陸送し、バンコク港から日本の主要港に船便で送る物流サービスを開始した。

タイ・ミャンマー間に第2友好橋、2017年開通目指すnewsclip

【タイ、ミャンマー】タイ、ミャンマー両国政府はタイ北部ターク県メーソードとミャンマー東部のミャワディーを結ぶ新たな橋の建設で合意し、10日、ネピドーで調印式を行った。

日通、タイ―ミャンマー間陸路輸送3日に短縮newsclip

【タイ、ミャンマー】日本通運は9日、バンコク―ヤンゴン間の陸路輸送サービスのルートを変更し、ドアツードアのリードタイムをこれまでの4日から3日に短縮したと発表した。

【タイ、ミャンマー】上組(神戸市中央区)は27日、これまで海上輸送に頼っていたタイ・ミャンマー間の容大貨物輸送を陸上輸送に変更し、リードタイムの大幅な短縮と輸送コストの削減を実現したと発表した。



新着PR情報