RSS

世界の生活費ランキング 7位上海、12位東京、18位シンガポール

2015年12月15日(火) 13時54分(タイ時間)
【アジア】英人材調査会社ECAインターナショナルが世界の450以上の都市の生活費を調べた2015年の生活費ランキングで、1―4位をチューリッヒ、ジュネーブ、ベルン、バーゼルとスイスの都市が占めた。

 この調査は食品・飲料、衣料、家電など駐在員が日常使う物品、サービスのコストを調べたもので、住居費、電気・水道料金、学費などは含まない。

 アジアの都市は7位の上海が最高で、8位北京、9位香港、10位ソウル、12位東京、14位広州、16位深セン、18位シンガポール――。横浜は26位、名古屋は27位、大阪は35位だった。
《newsclip》

注目ニュース

【アジア】スウェーデンの教育大手EFエデュケーション・ファーストが成人の英語能力を指数化した2015年版のEF英語能力指数で、タイは70カ国・地域中62位と低迷し、「英語能力が非常に低い」とされた。

【アジア】世界銀行グループが各国・地域の事業規制や制度をランク付けした年次報告「ビジネス環境の現状」の2016年版で、タイは189カ国・地域中49位と、前年の46位から後退した。

人口10万人当りの交通事故死、タイは世界2位36人 WHO報告newsclip

【タイ】世界保健機関(WHO)がまとめた2015年版の交通事故に関する報告で、タイは2013年の人口10万人当たりの交通事故死者数が36・2人(WHO推計値)と世界で2番目に多かった。

【アジア】スイスに本拠を置く研究機関、世界経済フォーラム(WEF)が各国・地域の競争力を評価した2015年版の世界競争力報告で、タイは140カ国・地域中32位と、前年から順位を1つ落とした。

英誌の大学ランキング、500―800位にタイの7校newsclip

【東南アジア】英教育情報誌タイムズ・ハイヤー・エデュケーションがまとめた2015―2016年の世界の大学ランキングで、上位800校に入ったタイの大学はマヒドン大学(501―600位)など7校だった。

【アジア】英誌エコノミストの調査部門エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)が世界140都市の「安定性」「医療」「文化・環境」「教育」「インフラ」を評価した2015年版の「住みやすい都市...

特集



新着PR情報