RSS

DOWA、ミャンマー初の管理型最終処分場始動

2015年12月17日(木) 23時54分(タイ時間)
施設外観の画像
施設外観
写真提供、DOWAホールディングス
【ミャンマー】DOWAエコシステムは17日、ミャンマーのティラワ経済特区に建設した同国初の管理型最終処分場が来年1月に廃棄物の受け入れを開始すると発表した。廃棄物の最終処理に加え、収集運搬、中間処理やリサイクルなど総合的な廃棄物管理サービスを提供する。

 処分場は敷地面積約42万平方メートル、第1期の容量約9万立方メートル。工業系廃棄物を中心に受け入れる。
《newsclip》

注目ニュース

【中国】福建省三明市の尤渓県西浜鎮で1日、危険廃棄物の総合処理施設の建設が密かに進められているとして、住民約1万人が抗議行動を始めた。住民らは鎮政府の庁舎前で座り込みを行っている。外電が伝えた。

【シンガポール】三菱重工業は26日、シンガポールで廃棄物焼却発電事業に参画すると発表した。

【中国】江蘇省泰州・靖江市でこのほど、有害な産業廃棄物が不法投棄されていた実態が明らかになった。

【タイ】新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)はタイ工業省と廃棄物処理分野の計画策定などで協力することで合意し、16日、協力合意書を締結した。NEDOはタイの廃棄物焼却施設の設立計画などの...

特集



新着PR情報