RSS

中国:ウェアラブル端末「小米手環」の販売好調、世界シェア3位に

2015年12月21日(月) 00時13分(タイ時間)
【中国】中国の新興スマートフォン(スマホ)メーカー、北京小米科技が傘下メーカーを通じて発売したリストバンド型のウェアラブル端末「小米手環(Mi Band)」の売り上げが好調だ。

 同種の製品として、すでに世界3位のシェアを獲得したという。中国政府系メディアが16日付で伝えた。

 新たに投入された「小米手環」は、小米傘下で安徽省合肥市に本社を置く華米科技が2014年8月に発売。その後1年余りの間に、販売量が1200万個を突破した。IT専門調査会社のIDCによれば、同種製品で小米手環の市場シェアは17.4%と世界3位。前年同期に比べて9倍に拡大し、世界的2大メーカーであるフィットビット、アップルの製品に迫る勢いだ。

 「小米手環」は使用者の睡眠データ、ジョギングデータなどの記録のほか、玄関のセキュリティーロック解除などにも使用できる。また将来的には、スマート家電やモバイル決済などの分野に応用する予定だ。

 生産元の華米科技は、14年1月に創業した新興メーカー。その製品が世界シェア3位に躍り出たことについて章暁軍副総裁は「技術系の大学が多い合肥市に拠点を置いたことで、質の高い人材が調達できたため」と解説。また、中国で資金調達が容易になってきたこと、政府が起業やイノベーションを支援する政策をとっていること――なども好調の理由に挙げた。
《亜州IR株式会社》


新着PR情報