RSS

中国:人権派弁護士・浦氏に有罪判決、欧米は非難

2015年12月25日(金) 13時09分(タイ時間)
【中国】著名人権派弁護士で、「民族怨恨扇動罪」と「公共秩序かく乱罪」に問われた浦志強氏(50)に対する判決公判が22日行われ、北京市第2中級人民法院(地裁に相当)は懲役3年、執行猶予3年の有罪判決を言い渡した。

 浦氏は判決を不服とし、控訴を検討している。外電が伝えた。

 浦氏は今回、短文投稿サイト「微博(ウェイボー)」へ共産党と政府のウイグル民族政策を批判する書き込みを行い、両罪に問われた。判決当日、同地裁周辺には大量の警察官が配備され、浦氏の支援者数人が連行されている。その数は12人に上るという。

 米国務省のジョン・カービー報道官は、「中国当局に有罪判決を取り消すよう求める」と述べた。また欧州連合(EU)は、「浦氏に対する有罪判決は、集会、言論、表現の自由の保障を定めた中国憲法に違反する」と批判している。

 報道によると、浦氏は判決後、1年7カ月収監されていた北京第1拘置所から釈放された。控訴期間の10日間、当局の指定場所で監視を受けながら妻子とともに過ごす。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報