RSS

中国:空瓶に油脂を詰めた偽装「舶来化粧品」、ネットで3.7億円荒稼ぎ

2015年12月27日(日) 22時35分(タイ時間)
【中国】空瓶に油脂と香油を入れただけの代物に、海外化粧品ラベルを貼りつけて偽装販売していた若者らがこのほど摘発された。

 若者らはわずか1年あまりで2000万人民元(約3億7000万円)以上を稼ぎ、ポルシェなどの高級車を乗り回していたという。銭江晩報が22日付で伝えた。

 85年後(1985~90年生まれ)の陳と劉は、東莞市でアルバイトをしていたときに知り合って結婚した若い夫婦。2人は当初、化粧品の代理購入をしていた知人の仕事を手伝っていたが、ある日「自分たちで化粧品を作って売ればもっと儲かる」と思い立った。 

 ニセ化粧品の原価は、空瓶や油脂、ラベル代を含めて1本4人民元(74円)に過ぎない。それを知人に12人民元(220円)で売りつけた。知人はそれをネットでさらに100人民元(1850円)以上で販売。人気ブランドの「コパトーン」と偽っていた。

 偽装品の発売に先立って、2人は皮膚に影響がないかどうかなど自分たちで研究。しかしネットで同商品を買った消費者からの「海外で購入してきたものと、感触が違う。しかも、ときどきかぶれる」とのクレームが当局にたびたび寄せられたため、今回の摘発に至った。
《亜州IR株式会社》


新着PR情報