RSS

中国:エアボトル「3週間待ち」、マスク・空気清浄機に続く人気商品

2015年12月28日(月) 22時37分(タイ時間)
【中国】カナダ・ロッキー山脈の麓の街、バンフの新鮮な空気を詰め込んだとされるエアボトルがインターネット上で「3週間待ち」の人気商品になっている。大気汚染が深刻な中国で、プレゼント用などで人気を集めているという。広州日報が25日付で伝えた。

 7.7リットル入りのこの携帯式のエアボトルは、カナダ在住の華僑2人が考案したもの。2人はカナダの空気がオーストラリアなどと並び、非常に新鮮だと言われていることに目を付けた。バンフで新鮮な空気を採取し、自宅でボトルに注入。これまで4000本以上を中国のネット通販で売り上げた。

 主な買い手は、プレゼント用として購入する人たちのほか、「わが子に新鮮な空気を吸わせたい」と考えるママさんたち。1本129人民元(約2400円)と高価だが、生産が追い付かない状態という。

 これに対してはネット上では、「珍しいだけですぐに人気は下火になる」「空気にお金を払うなんて、どうかしている」などといった意見が大半を占めた。ただ中には、「大気汚染対策に真剣に取り組まないと、本当にお金で空気を買わなければならない時代が来る」との書き込みも見られた。
《亜州IR株式会社》


新着PR情報