RSS

経営者のタイ女性博士、麻薬密売で逮捕

2015年12月30日(水) 01時43分(タイ時間)
【タイ】タイの地元紙デーリーニュースによると、タイ東北部コンケンの警察は28日、覚せい剤を密売しようとしたタイ人の女を逮捕したと発表した。

 逮捕されたのは東北部ブンカン県在住のプロイペン容疑者(51)。コンケン市内で覚せい剤1100錠を所持していた男が逮捕され、男が「ラオスの女から覚せい剤を買った」と供述したため警察がおとり捜査を行ったところ、同容疑者が車に乗って現れたという。車の中から覚せい剤5750錠がみつかったため、密売の現行犯で逮捕した。同容疑者は犯行を認め、ブンカンの対岸のラオスで覚せい剤を仕入れ、タイで販売していたと供述している。

 同容疑者は博士号を持つ民主党員で、ブンカン県の下院議員選挙に立候補した経歴がある。ブンカンと南部パンガーでリゾートホテルを経営しているという。
《newsclip》

特集



新着PR情報