RSS

タイの輸出、11カ月連続前年割れ 11月は7%減

2016年1月3日(日) 23時14分(タイ時間)
【タイ】タイ商務省によると、タイの11月の輸出額は前年同月比7・4%減の171・7億ドル、輸入額は9・5%減、168・7億ドルだった。輸出の前年割れは11カ月連続。

 11月の輸出額は日本向けが16・4億ドル(前年同月比4・7%減)、米国19・2億ドル(同6・3%減)、欧州連合(EU)15カ国15・2億ドル(同6・7%減)、東南アジア諸国連合(ASEAN)46・1億ドル(同9・8%減)、中国19・9億ドル(同6・1%減)だった。

 1―11月は輸出が前年同期比5・5%減の1972・8億ドル、輸入が11・2%減、1870・4億ドル。

 商務省は通年の輸出額が前年比5・5%減の2150億ドルにとどまり、従来予測の3%減を下回ると予想している。国際市場での原油価格の低下が、輸出額減少の主因。輸出額の減少は3年連続となる。2016年については、世界的に貿易が回復するとして、5%増の2250億ドルを予測している。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ商務省によると、タイの10月の輸出額は前年同月比8・1%減の185・7億ドル、輸入額は18・2%減、164・7億ドルだった。輸出の前年割れは10カ月連続。

特集



新着PR情報