RSS

中国:16年の北京路線バス調達は2700台、うち81%は電動車両

2016年1月5日(火) 23時47分(タイ時間)
【中国】北京市の路線バス運行を手がける北京公共交通控股集団有限公司は、今年調達する新バス車両2700台のうち81%を電動バスとする方針だ。2180台の新規導入を予定する。北京晩報が4日付で伝えた。

 大気汚染の進行を食い止める目的。すでに2015年は、旧式バス2306台を新エネ車両に入れ替えている。このほかバス停留所21カ所に純電気バス用の充電設備を設置。年間で8000台を超えるディーゼルエンジンバスも改造した。環境配慮型バスに改造することで、窒素酸化物排出は60%削減される。1台当たり2800トンの汚染物質排出が省かれる計算だ。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

電気バス試験運行 バンコク都内の路線でnewsclip

【タイ】バンコク首都圏で路線バスを運行するバンコク大量輸送公社(BMTA)は2日、電気バスの試験運行を開始した。

電気バスを試験運行 バンコクのエアポートリンク駅からnewsclip

【タイ】バンコク首都圏で路線バスを運行するバンコク大量輸送公社(BMTA)とタイ国立キング・モンクット工科大学ラークラバン校は19日、共同で、バンコク都内で電気バスを試験運行すると発表した。

タイ政府総合庁舎で電気バス試験運行newsclip

【タイ】バンコク都内ジェーンワタナのタイ政府総合庁舎の敷地内で、4月末まで、来庁者、職員向けの電気バスが試験運行する。運賃は無料。

タイで国産電気バス開発newsclip

【タイ】タイ地方電力公社(PEA)は11日、同社が資金を提供し、タイのスラナリー工科大学が開発した国産の電気バス「PEA・Zeバス」を公開した。

ラチャダピセーク通りで電気バス運行newsclip

【タイ】タイ裁判所事務局は3日、バンコクの地下鉄ラープラーオ駅とラチャダピセーク通りの裁判所の間で電気バスの運行を始めた。定員14―16人で、15分置きに運行する。

特集



新着PR情報