RSS

中国:寧夏銀川市で路線バス火災、爆弾設置で17人死亡

2016年1月5日(火) 23時48分(タイ時間)
【中国】中国の寧夏回族自治区で5日午前、46人が死傷するバス火災が発生した。

 301号路線バスが銀川市の国道109号線・枸杞館前を走行していたところ、現地時間の7時3時ごろに突然出火。多数の乗客が内部に閉じ込められたまま燃焼した。火は約10分後に消し止められたものの、17人が死亡。29人の負傷が確認されている。複数の中国メディアが伝えた。

 放火によるもの。すでに警察は、容疑者の馬(姓のみ公表、男)を特定した。出稼ぎ労働者「農民工」とみられる。雇用主から給与20万人民元が得られなかったことに不満を抱いて、爆弾3個を製造。バスを含む自動車3台にそれぞれ1個ずつ設置したとされる。
《亜州IR株式会社》

注目ニュース

【タイ】7日午前10時ごろ、タイ南部パンガー県で、2階建て長距離路線バスの車内で火が出て、乗客のタイ人女性2人(76、25)が死亡、男女11人がけがをした。

バンコクでまた路線バス炎上、けが人なしnewsclip

【タイ】18日午前10時20分ごろ、バンコク都内のラープラーオ通りソイ85付近の下り車線で、路線バスが炎上し、周辺の交通が一時麻ひした。死者、けが人はなかった。

路線バス炎上、けが人なし バンコクのドンムアン空港前newsclip

【タイ】23日午後3時20分ごろ、バンコク都内のドンムアン空港前のウィパワディランシット通り上り車線で、路線バスが炎上、全焼した。けが人はなかった。

バンコクで路線バス炎上 死傷者なしnewsclip

【タイ】22日午後8時半ごろ、バンコク都内ウィパワディランシット通りで、故障で路肩に駐車した路線バスが炎上した。乗客、乗員は下車しており、死者、けが人はなかった。現場はジェーンワタナ通りとの交差点...

バンコクで回送中の2階建てバス炎上 けが人なしnewsclip

【タイ】8日午前5時ごろ、バンコク都内ラクシー区のウィパワディランシット通り上で、回送中の2階建て長距離路線バスが出火し、半焼した。けが人はなかった。

【中国】福建省沿海部のアモイ市内を走るバスが炎上し、乗り込んでいた乗客47人が死亡する事件が7日夜に発生した。

特集



新着PR情報