RSS

タイ経済、2016―2018年も低成長 世銀見通し

2016年1月7日(木) 23時36分(タイ時間)
【アジア】世界銀行は6日に発表した世界経済見通しで、タイの国内総生産(GDP)伸び率を、2016年2%、2017年2・4%、2018年2・7%と予想した。

 政局不安による政策の不確かさで民間投資が伸びない一方、高水準の家計債務が民間消費の重しとなり、輸出も伸び悩むと分析した。タイのGDP伸び率は2013年2・8%、2014年0・9%、2015年2・5%(予想)。

 世銀のタイ以外の東アジア諸国の2016―2018年のGDP伸び率見通しは▼カンボジア6・9%、6・8%、6・8%▼中国6・7%、6・5%、6・5%▼インドネシア5・3%、5・5%、5・5%▼ラオス7%、6・9%、6・9%▼マレーシア4・5%、4・5%、5%▼ミャンマー7・8%、8・5%、8・5%▼フィリピン6・4%、6・2%、6・2%▼ベトナム6・6%、6・3%、6%――。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ中央銀行は25日、2016年のタイの国内総生産(GDP)見通しを、9月時点の3・7%増から3・5%増に下方修正したと発表した。

特集



新着PR情報