RSS

最も安全な航空会社20社 豪カンタス、シンガポール航空など

2016年1月7日(木) 23時37分(タイ時間)
【シンガポール】航空会社の安全性などを評価するウェブサイト「エアラインレイティングス・ドット・コム」が選出した世界で最も安全な航空会社20社のうちの1社にシンガポール航空が選ばれた。

 最も安全とされたのはオーストラリアのカンタス航空。全日本空輸、日本航空も選ばれた。その他の16社は、ニュージーランド航空、アラスカ航空、アメリカン航空、キャセイパシフィック航空、エミレーツ航空、エティハド航空、エバー航空、フィンランド航空、ハワイアン航空、KLMオランダ航空、ルフトハンザ航空、スカンジナビア航空、スイス・インターナショナル・エアラインズ、ユナイテッド航空、ヴァージンアトランティック航空、ヴァージンオーストラリア航空。

 調査対象の407社のうち148社が最高の7つ星を獲得した。最低の1つ星はインドネシア、ネパール、スリナムの10社。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】米連邦航空局は1日、タイの航空会社の許認可、安全審査などを担当するタイ運輸省民間航空局が国際民間航空機関(ICAO)が定める安全基準に則った監督を実施していないとして、評価を「カテゴリー2...

格安航空ノックスクート、1月にバンコク―天津線開設newsclip

【タイ、中国】タイ国際航空系の格安航空ノックエアとシンガポール航空傘下の格安航空スクートのタイ合弁会社ノックスクートは2016年1月15日から、バンコク(ドンムアン空港)―天津線を週4往復運航する。

【タイ】KIホールディングス(旧小糸工業)は13日、航空機座席の納品契約違反でタイ国際航空に訴えられていた問題で、タイ航空側と和解契約を結んだと発表した。

【タイ】タイ国際航空は7―9月期の最終損益が99億バーツの赤字だった。営業損益は27・9億バーツの赤字で、為替差損が45・3億バーツ発生した。

特集



新着PR情報