RSS

中国:世界オフィス賃料ランキングのトップ10、中華圏で半数占める

2016年1月8日(金) 18時45分(タイ時間)
【中国】不動産サービス会社の米CBREが6日に発表した「世界の高級オフィス賃貸料市場ランキング」で、上位10エリアのうち、中華圏で5エリアがランクインした。

 香港・中環(セントラル)が2位、北京・金融街が3位、北京・中央商務区(CBD)が4位、香港・西九龍(ウエスト・カオルーン)が5位、上海陸家嘴が9位に付けている。

 海外では、英ロンドンが首位、印ニューデリーCBDが6位、東京大手町が7位、ロンドン・シティが8位、NYマンハッタン・ミッドタウンが10位。世界126市場を対象に調査した。
《亜州IR株式会社》


新着PR情報