RSS

丸紅、ミャンマーで肥料加工

2016年1月17日(日) 22時06分(タイ時間)
【ミャンマー】丸紅はミャンマーのティラワ工業団地内に肥料加工・小分け工場を建設し、2017年4月に操業を開始する。

 現地企業との合弁会社「マルベニ・ミャンマー・ファータライザー」が運営する。初年度はヤンゴン近隣地区を中心に年間3万トン、2020年度までにミャンマー全土に展開し、年間15万トンの販売を目指す。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】ベトナムの肥料メーカー、バコンコのタイの持ち株会社PMトーリーセン・エイジア・ホールディングスが6日、タイ証券取引所(SET)に上場した。

【マレーシア】住友商事は12日、マレーシアの肥料メーカー、ユニオン・ハーベストの株式を60%まで買い増し、経営権を取得したと発表した。

【中国】作物の栽培に大量の化学肥料を投下し続けていることによって引き起こされる“土地の劣化”という弊害が中国で徐々に顕在化している。土壌の硬化や酸性化が各地で報告されるようになった。

特集



新着PR情報