RSS

タイ漁船で船員6人病死、脚気か

2016年1月17日(日) 22時10分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、タイ保健省
 の画像
 
写真提供、タイ保健省
 の画像
 
写真提供、タイ保健省
【タイ】12月26日から1月13日にかけ、インド洋で操業していたタイの漁船2隻で船員6人が病死し、タイ保健省が死因を調べている。同省はビタミンB1の欠乏による脚気の疑いが強いとしている。

 死亡した船員はカンボジア人5人、タイ人1人。

 船員が死亡した2隻と、同じ海域で操業していたタイの漁船4隻の計6隻は13日夜にタイ南部ラノン県の港に帰港した。6隻の船員計25人が体調不良を訴え、ラノン県の病院で手当てを受けた。
《newsclip》

注目ニュース

タイ軍政、違法漁業の取り締まり強化 漁船多数が出漁見合わせnewsclip

【タイ】タイのテレビ報道によると、タイ軍事政権が1日から、違法・無報告・無規制漁業(IUU)の取り締まりを強化したことを受け、タイ各地で検挙を恐れる漁船多数が出漁を見合わせた。当分の間、漁獲高が減...

【タイ】欧州連合(EU)の政策執行機関である欧州委員会は21日、タイ政府に対し、違法・無報告・無規制漁業(IUU)の取り締まりが不十分だとして、6カ月以内に改善計画を実施しない場合、タイからEU域...

人身売買、奴隷労働 英紙のタイ漁業報道が波紋newsclip

【タイ】英紙ガーディアンが今月10日、タイの漁船に売られたミャンマー人、カンボジア人らが奴隷労働を強いられていると報じ、関与を指摘されたタイの食品大手が釈明に追われた。

特集



新着PR情報