RSS

15年のタイ自動車生産2%増、191万台

2016年1月19日(火) 01時09分(タイ時間)
【タイ】タイ工業連盟(FTI)自動車部会がまとめたタイ国内の全自動車メーカーの2015年の生産台数は前年比1.8%増の191万3002台だった。内訳は乗用車が3.5%増、76万8706台、1トンピックアップトラックが0.1%増、111万5818台など。

 12月の生産台数は乗用車が前年同月比10.2%減、5万7039台、1トンピックアップトラックが7%増、9万3444台など、合計で0.6%減、15万2692台だった。

 タイ国内の新車販売台数は2015年通年が9.3%減、79万9592台。12月は13.3%増、10万1424台で、24カ月ぶりに10万台を超えた。2016年から自動車税の税率の基準がエンジンの排気量と車のカテゴリーから二酸化炭素の排出量に変更されることから、税率上昇となるピックアップトラックをベースにした乗用車(PPV)の販売が急増した。

 タイからの完成車輸出台数は12月が2.8%減の8万6650台、2015年通年が6.8%増の120万4895台。完成車、部品などを含む自動車関連の輸出総額は12月が11.4%増の678.6億バーツ、2015年通年が7.4%増、8414.3億バーツだった。
《newsclip》

注目ニュース

【中国】中国汽車工業協会は12日、2015年の新車販売台数が前年比4.7%増の2460万台だったと発表した。7年連続で世界最大の販売台数を記録したものの、伸び率は12年(4.3%増)以来の低水準にとどまっている。16年...

【タイ】11月のタイ国内の新車販売台数(トヨタ自動車調べ)は乗用車が前年同月比12%減、2万5732台、商用車が15.7%増、5万694台で、計4.6%増の7万6426台だった。

特集



新着PR情報