RSS

フジトランス、ティラワ経済特区に倉庫

2016年1月19日(火) 01時09分(タイ時間)
【ミャンマー】フジトランスコーポレーション(名古屋市港区)は18日、ミャンマーのティラワ経済特別区に倉庫、梱包、通関、陸上輸送などの事業を行う全額出資子会社フジトランス・ロジスティクス(ミャンマー)(資本金700万ドル)を設立したと発表した。

 約3万5000平方メートルの敷地に延床面積5000平方メートルの倉庫を建設し、2017年1月に営業を開始する予定。経済特区の保税制度を活用し、需要の高い保税蔵置に対応する。

 フジトランスのミャンマー現地法人は2013年に設立したフジトランス(ミャンマー)に続く2社目。
《newsclip》

注目ニュース

【ベトナム】日本通運のベトナム法人ベトナム日通エンジニアリングが北部ハイフォン市のディンブー工業団地に建設した倉庫が12月8日に竣工した。

日通、タイ・レムチャバン港近くに新倉庫newsclip

【タイ】日本通運は25日、タイ子会社のタイ日本通運が同国東部チョンブリ県シラチャー郡に建設した倉庫「レムチャバンヘビーイクイップメントロジスティクスセンター」(LHELC)が竣工したと発表した。

【タイ】タイのテレビ報道によると、16日午後3時ごろ、バンコク郊外のサムットプラカン市で、台湾系化学メーカー、ワーテク・インダストリアルの倉庫の屋根が崩落した。けが人はなかった。

【タイ】英不動産大手ナイトフランクによると、タイ国内の倉庫の入居率は上半期78・2%で、前年同期の79・8%から低下した。東部チョンブリ県、中部アユタヤ県などでの新規供給が原因。

【タイ】東陽倉庫(名古屋市中村区)は物流センター事業を行う子会社を今年10月をめどにタイ東部チョンブリ県に設立し、2016年2月に営業を開始する計画だ。



新着PR情報