RSS

ミャンマー中央銀行の資金決済システム稼働

2016年1月19日(火) 01時09分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、大和総研
【ミャンマー】日本銀行のシステム(日銀ネット)をベースに整備されたミャンマー中央銀行の資金決済システムが完成し、18日、ヤンゴンで引き渡し式典が行われた。

 銀行間の資金決済、国債決済、担保管理などの機能を持つ中央銀行基幹システムで、ミャンマー中央銀行と外国銀行を含む市中銀行(全38行)を専用回線で接続する。 国際協力機構(JICA)の無償資金協力事業で、システムのICT基盤を大和総研が構築し、ICT基盤上で稼働する中央銀行基幹アプリケーションをNTTデータが開発。1月5日に運用を開始した。
《newsclip》


新着PR情報