RSS

タイ、就労者の35%が第1次産業

2016年1月19日(火) 13時05分(タイ時間)
【タイ】タイ統計局がまとめた12月時点の労働人口は3916万人、就労者数は3887万人で、前年同月からそれぞれ20万人、21万人増加した。

 業種別の就労者数は農林水産1363万人(2014年12月1346万人)、製造631万人(同662万人)、建設204万人(同218万人)、卸売り、小売り、自動車修理603万人(同596万人)、物流120万人(同111万人)、ホテル、外食269万人(同260万人)――など。

 12月の失業率は全国平均0・7%だった。地域別ではバンコク0・5%、中部0・7%、北部0・8%、東北部0・4%、南部1・2%。
《newsclip》

注目ニュース

【中国】「世界の工場」の中心的な場所となってきた広東省・東莞市に異変が起きている。

【中国】国家衛生計画生育委員会(衛生計生委)の王培安・副主任は30日の記者会見で、「一人っ子政策」の廃止により、中国の労働人口(15~59歳)が2050年までに約3000万人増加するとの見通しを示した。

人口10万人当りの交通事故死、タイは世界2位36人 WHO報告newsclip

【タイ】世界保健機関(WHO)がまとめた2015年版の交通事故に関する報告で、タイは2013年の人口10万人当たりの交通事故死者数が36・2人(WHO推計値)と世界で2番目に多かった。



新着PR情報