RSS

ヤマト、マレーシア宅配大手と業務資本提携

2016年1月22日(金) 01時12分(タイ時間)
【マレーシア】ヤマトホールディングスは21日、マレーシアの宅配大手GDエクスプレスキャリアと業務資本提携すると発表した。

 GDの第3者割当増資を約58億円で引き受けるほか、既存株主から株式を買い取り、GD株の23%を取得。取締役1人を派遣する。

 GDはマレーシア証券取引所上場で、同国の宅配市場で売り上げシェア2位の運送会社。企業間の小口配送に強みを持ち、近年は同業他社と比べ成長が早い。2015年6月期売上高1億9700万リンギ。

 ヤマトは現地子会社のマレーシアヤマト運輸を通じ、マレーシアで宅急便サービスを提供している。「クール宅急便」や代金引換サービス「宅急便コレクト」を差別化要因として事業を拡大中だ。

 今回の提携で、ヤマトはマレーシアヤマト運輸がカバーしていないマレーシア国内の地域でGDの配送網を使う。また、幹線輸送の共有化で効率化を図るほか、シンガポール・マレーシア間のクロスボーダー物流でも連携する。
《newsclip》

注目ニュース

【ミャンマー】ヤマトホールディングスは17日、東南アジア地域統括会社のヤマトアジア(シンガポール)がヤンゴンに支店を開設すると発表した。

【シンガポール】ヤマト運輸は8月5日、初の東南アジア向け一貫保冷小口輸送となる日本発シンガポール向け「国際クール宅急便」の販売を開始する。

【ベトナム】ヤマトホールディングス(東京都中央区)の東南アジア統括会社ヤマト・アジア(シンガポール)はベトナムに現地法人「ヤマトロジスティクスベトナム」(資本金約3億8000万円)を設立し、3月に...

【マレーシア】ヤマト運輸は20日、マレーシアの民間自動車教習所大手メトロ・ドライビング・アカデミーと提携すると発表した。



新着PR情報