RSS

中国:天津爆発で破損の「ジープ」、550台が半値で販売される

2016年1月22日(金) 13時21分(タイ時間)
【中国】昨年8月12日の天津爆発事故で破損した海外輸入車のうち、18~19日にかけて四輪駆動車「ジープ」合計550台がオークション会社を通じて販売された。

 18日には博車網、19日には青島騰信汽車網路科技服務有限公司が競売を主催。山西省、河北省、陝西省などから多くのディーラーが会場に集まったという。毎日経済新聞が21日付で伝えた。

 博車網は損傷が残った400台を発売。16万~19万人民元で販売された。一方、青島騰信汽車網路科技服務の売り出した価格は1台当たり30万~32万人民元。状態の良い全150台が数時間内にすべて成約された。市場価格の約半分とされる。爆発事故では、窓ガラスが割れたり、塗装が剥げ落ちたりしていた。

 一部のディーラーは、仕入価格に4万~6万人民元を上乗せして販売活動する。これら破損した車両には、アフターサービスが提供されない。三包(修理、交換、返品)の対象外になるという。不具合などの問題が発生した場合、消費者はディーラーと相対交渉で解決する必要がある。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報