RSS

中国:24年前の落下物、ベトナム着地の宇宙ごみと“兄弟”か

2016年1月24日(日) 17時08分(タイ時間)
【ベトナム、中国】1月2日にベトナム北部に落下したスペースデブリ(宇宙ごみ)2体について、過去に中国で発見された落下物と同じ形をしているとの情報が雲南省の農民から寄せられた。

 この農民は、かつてその物体を拾った人物。当局などが鑑定を急いでいる。雲南網が21日付で伝えた。

 ベトナム北部に落下した2つの物体の大きさは、ひとつが直径30センチ、重さ6キロ、もうひとつが直径80~100センチ、重さ45キロ。ともに球状だった。ベトナムの現地メディアによれば、初期調査の結果、この球体はロシアで製造されたもので、ミサイルまたは宇宙船の一部だった可能性があるという。

 このニュースを自宅で見た雲南省の馮さんは、24年前に拾った物体と形状が“瓜二つ”であることを発見。すぐさま当局に知らせた。馮さんが拾った物体は、直径42センチ、重さ14キロ。色は同じグレーだった。馮さんはこの球体を見つけた際、「普通の金属とは違う」と感じ、これまで自宅で大切に保管していた。馮さんは発見当時、この物体について「古代の打楽器」「UFOからのプレゼント」などと、周囲の人たちと話していた。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報