RSS

〈タイ業界事情〉 工作機販売技術支援 BROTHER COMMERCIAL (THAILAND) LTD.

2016年1月24日(日) 18時43分(タイ時間)
〈タイ業界事情〉 工作機販売技術支援 BROTHER COMMERCIAL (THAILAND) LTD.の画像
〈タイ業界事情〉 工作機販売技術支援 BROTHER COMMERCIAL (THAILAND) LTD.
〈タイ業界事情〉 工作機販売技術支援 BROTHER COMMERCIAL (THAILAND) LTD.の画像
〈タイ業界事情〉 工作機販売技術支援 BROTHER COMMERCIAL (THAILAND) LTD.
Machine Tools Technical Center 岩尾 秀信 氏 General Manager

高生産性30番マシンで業界の常識をくつがえしたブラザー
さらにスピーディーな製品開発でタイでも営業攻勢

 ミシン製造販売で知られたブラザーは、1960年代からタッピングマシン、ボール盤、フライス盤などの汎用の小型工作機械を発売してきた。そして1985年、現在の製品につながるCNCタッピングセンターを世に送り出し、それまでの大掛かりな機械をコンパクトな設計かつスピーディーな仕様にまとめたことで一気に人気を博し、これまでの常識を覆した。ブラザーはその後もさまざまな技術を生み出して製品を反映させてきたが、ここにきて「SPEEDIO(スピーディオ)」という新たなブランドを投入。さらなる進化を遂げたマシニングセンターとして、タイでも積極的に販売に乗り出している。

自社生産ライン用に開発した工作機

 汎用工作機械もCNCタッピングセンターも本来はミシン生産の自社生産ライン用に開発してきた機械に根差した製品であり、社内で蓄えてきたノウハウだ。特にCNCタッピングセンターは、これまで金属の塊をゴリゴリと削っていた工作機の常識を覆し、コンパクトな設計で細かい作業をスピーディーにこなすことを可能とし、新しいカテゴリーを切り開いた。発売後ただちに、「このような機械を求めていた」と絶賛され、多くの産業に受け入れられた。小型工作機械の代名詞ともなった「タッピングセンター」の名称自体、弊社製品が発祥だ。

 その後は同業・競合が同様の製品を開発、非常に良く似た製品が市場に出回り競争が厳しくなり、現在に至っている。そのような現状を打破すべく2013年、「コンパクトマシニングセンタSPEEDIO」という新たなブランドを立ち上げ、さらなる進化を遂げた。

主軸テーパー30番、全製品が日本製

 SPEEDIOのラインナップを豊富に取り揃えることにより、それぞれの生産に合ったベストソリューションを提案している。高生産性を追求したハイパフォーマンスモデルの「S300X1」「S500X1」「S70X1」、ハイパフォーマンスモデルの大型機「S1000X1」 、旋削加工とマシニング加工を1台で行う複合加工機「M140X1」、ブラザー独自の高速2面パレットチェンジャーの「R450X1」「R650X1」などだ。

 ブラザー製品はやはりコンパクト&スピーディーという評価が高く、スタンダードモデルが販売台数全体の7―8割を占めるが、上記のように幅広い産業に合わせてモデルを投入している。いずれも主軸テーパーは、業界でマジョリティーを占める40番に対して30番。コンパクト性とスピード性に長け、幅を取らない少ない設置スペースにマッチした設計を追求、生産性に寄与するラインナップだ。品質の要となる製造国はもちろん日本。タイを含め全て日本製をご提案している。

タイでもさまざまな産業での活用に

 タイ現法である弊社の顧客の多くは日系メーカーの皆様だが、とかく安さが追求されるタイ市場でもタイ地場メーカーが率先して弊社製品のような日本製を導入するようになってきた。弊社製品の導入は、置き換え需要と生産ライン追加がメインで、最近は主軸テーパー40番から30番への切り替えといった導入事例も少なくない。

 お客様の多くが自動車関連産業に携わっている。タイの自動車産業はこの1―2年販売が伸びず厳しい状況が続いているが、長い目で見れば着実に伸びる産業であり、他の産業のような急激な落ち込みや衰退が無いというのが経験上から感じている。ただ、自動車産業以外でもさまざまな産業で活用していただけるよう、弊社製品を提案していきたい。

 弊社テクニカルセンターは今月、事務所を移転して新たな場所で業務を開始した。今後、テクニカルセンターの機能をさらに強化して、ユーザーの近くで加工技術の提案、テストカット、ユーザートレーニング、加工相談、展示会支援活動等を行うなど、タイ産業の発展およびグループ売り上げに貢献していきたい。

住所:317 Pattanakarn Road, Pravet Sub-District, Pravet District, Bangkok 10250
電話:02-321-5910 ファクス:02-321-5913 Eメール:hidenobu.iwao@brother.co.jp
ウェブサイト:http://www.brother.com/as_oc/machine/
《newsclip》

特集



新着PR情報