RSS

神戸製鋼、タイに新会社 汎用圧縮機営業で

2016年1月26日(火) 22時21分(タイ時間)
【タイ】神戸製鋼所は21日、汎用(小型)圧縮機のマーケティング、営業、アフターサービスを手がけるタイの新会社が本格的に営業を開始したと発表した。

 新会社は「Kobelco Compressors(Thailand)」(資本金1000万バーツ)。2020年度で売上高30億円、年800台の販売を目指す。

 世界の汎用圧縮機の市場規模は約1兆円。タイは自動車、電機・電子関連の日系製造業が数多く進出し、足下の年3000台規模から2020年には4000台程度まで拡大するとみて、営業体制を強化する。

 汎用圧縮機は主に工場で設備機械の動力、塗装、粉体搬送などに用いられる圧縮空気を供給する。圧縮機の消費電力は一般的な工場で工場全体の20―30%を占めるとされる。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】神戸製鋼所は3日、線材圧延事業を手がける合弁会社の設立を共同で検討することで、タイの鉄鋼メーカー、ミルコン・スチールと基本合意したと発表した。

特集



新着PR情報