RSS

中国:浙江省温州で教会十字架の撤去相次ぐ、「違法建築」理由に

2016年1月31日(日) 18時57分(タイ時間)
【中国】浙江省温州市平陽県で26日、キリスト教会3カ所で「違法建築」を理由に十字架が撤去された。信者によると、当局は信者が再建しないよう、撤去した十字架をその場で破壊したという。外電が伝えた。

 3カ所のうち2カ所の撤去は26日深夜に行われた。信者の1人は「皆が寝ている時、こそこそと取り外された」と話している。当局はその後、約2時間をかけて十字架を壊した。

 浙江省当局は最近、省内の教会について、違法建築の有無を詳しく調べていた。十字架の撤去や再建阻止が目的だったとみられている。

 同省では過去1年間に、教会約1200カ所から十字架が撤去されたが、その多くが再建された。当局がその後、十字架の大きさや設置場所を厳しく規制したため、信者らの間で反発を呼んでいる。

 温州市は市民の15%がキリスト教徒。一部の信者によると、1月初めに当局の係官が教会を訪れ、建設の時期や資産状況について詳しく調査していたという。牧師の1人は「調査は十字架撤去が目的だったことが分かった」と述べている。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報