RSS

住友大阪セメント、ベトナム工場のリチウムイオン電池正極材料生産倍増

2016年1月31日(日) 19時00分(タイ時間)
【ベトナム】住友大阪セメント(東京都千代田区)はベトナム子会社エスオーシーベトナムの北部フンイエン省の工場で、リチウムイオン電池正極材料の生産能力を現在の年1000トンから2000トンに拡大する。2017年2月稼働の予定。投資額は約17億円。

 同工場は2012年12月竣工。
《newsclip》

注目ニュース

【中国】充電電池・自動車メーカーの比亜迪(BYD:1211/HK)が近く、南米最大規模の鉄電池(燐酸鉄リチウムイオン電池)工場をブラジルに建設する見通しだ。2014年末~15年初めにかけて建設地を取得し、速やかに着...

【タイ】GSユアサ(京都市南区)は30日、バンコク郊外のサムットプラカン県に、100%出資子会社「GSユアサアジアテクニカルセンター」(資本金3000万バーツ=約1億円)を設立したと発表した。

特集



新着PR情報