RSS

Centre Point Hotel Silom センターポイント ホテル シーロム

2016年2月1日(月) 19時48分(タイ時間)
Centre Point Hotel Silom センターポイント ホテル シーロムの画像
Centre Point Hotel Silom センターポイント ホテル シーロム
Centre Point Hotel Silom センターポイント ホテル シーロムの画像
Centre Point Hotel Silom センターポイント ホテル シーロム
Centre Point Hotel Silom センターポイント ホテル シーロムの画像
Centre Point Hotel Silom センターポイント ホテル シーロム
スタジオタイプでもゆったりショッピングにも食事にも便利
何といっても眺めが最高のロケーション

 BTSシーロム線、サパーンタクシン駅から徒歩3分のところにセンターポイントシーロムはある。

 駅前の大通りわきには屋台が立ち並び、常に多くの人で賑わっている。駅からホテルに向かう途中の屋台では、庶民のタイ料理が楽しめそうだ。屋台を横目に歩くこと3分、ロビンソンデパートのすぐ隣にセンターポイントシーロムが見えてきた。ロビンソンには日本食屋もあるので、遠出せずにここで食事や買い物をしてもいいかもしれない。

 ホテルの入り口に到着するなり、ドアマンが笑顔で出迎えてくれる。英語の堪能な受付のお姉さんのもとでチェックインを済ませ、ベルボーイに案内されて、客室のある上層階へ。

 今回宿泊したのは、建物の角のスタジオタイプ。清潔感がありとても広々としていた。

 入り口には傘立てと20足ほどは収納できるのではないかという大きな靴箱が備え付けられている。スタジオタイプでありながら、家族滞在でも困らなそうな大きさだ。

 まずは手前にキチネット。包丁、ペティナイフ、まな板、フライパンなどの調理具、小皿、深皿、ティーカップ、フォークナイフなどなど、こちらも家族など大人数での利用でも不足のない食器類が揃っていて、食材さえ仕入れればすぐに調理ができるようになっている。複数の来客を想定した造りだろうか。もちろん、冷蔵庫や電子レンジ、湯沸かし器も完備。

 奥は広いリビング&寝室。ベッドわきに小さなソファがあり、そこに座ってテレビを見ながらくつろぐことができてうれしかった。テレビにはDVDプレイヤーが備え付けられており、フロントでのDVD貸し出しサービスがあるので、室内でのんびりした時間が過ごせそうだ。ベッドサイドには読書灯が用意されており、DVDだけなく本を読むのも快適だ。

 バスルームは広く、バスタブも大柄な男性がゆったりと浸かれるほどのゆとりがある。浴槽と分かれたシャワースペースも大きく、大人2~3人が同時に入れそうなほどの規模だ。シャンプーやボディーローションなどアメニティも完備、短期出張者も利用しやすいだろう。

 そしてここ、センターポイントシーロムの最大の特長は眺めがいいこと。ベランダからチャオプラヤー川が一望できる。私が宿泊した日も、とても天気がよく、晴れ渡る青空とチャオプラヤ川とが一体感を生み出し、バンコクでいままで見たことのない景色が目の前に広がっていた。ベランダの長椅子に座って、時が経つのを忘れ、いつまでも眺めていたほどだ。
朝と夜、全く違った顔をみせるチャオプラヤ川沿いの景色を堪能できるこのセンターポイント シーロムに住みんでみたいと思った。

Centre Point Hotel Silom
住所:No.1522/2 Soi Kaysorn 1 (Charoenkrung 50) Charoengkrung Road, Bangrak, Bangkok 10500
電話:0-2266-0521 ファクス0-2266-0520 Eメール:reservations@centrepoint.com
ウェブサイト:www.centrepoint.com
《newsclip》

特集