RSS

中国:ポルノ閲覧でウイルス感染増、無料Wi-Fiリスク大

2016年2月1日(月) 19時49分(タイ時間)
【中国】携帯電話の普及とともに、そのウイルス感染率も急速に高まっていることがこのほど、ネットセキュリティ会社の調査で明らかになった。

 若者がポルノサイトを閲覧し、ウイルスに感染するケースが増えているという。北京晨報が1月28日付で伝えた。

 ポルノサイトでウイルスに感染した場合、本人はその事実を隠そうとしがち。不正ウイルスを仕込む側はその心理につけこみ、ポルノサイトに「トロイの木馬」などを忍び込ませる手口が多い。ある調査では、2015年に発見された携帯電話向けウイルスの総数は1670万個と、前年の17倍近くに増加。感染した携帯電話の数は、延べ7490万台に達している。

 またポルノサイトのほか、無料Wi-Fiに接続したときに感染するケースも増加。ある調査では、1日平均70万人がパスワードなどの情報が盗まれる可能性のある危険なWi-Fiに接続していることが分かった。また最近の「トロイの木馬」の中には、ルーター感染を狙っているものもあるという。
《亜州IR株式会社》


新着PR情報