RSS

タイ国営石油バンジャーク、日本で太陽光発電事業買収

2016年2月3日(水) 00時53分(タイ時間)
【日本、タイ】タイ国営石油会社バンジャーク・ペトロリアム(BCP)は1日、子会社のBCPGが米太陽光発電大手サンエジソンの日本法人サンエジソンジャパンを96億2600万円で取得すると発表した。

 サンエジソンジャパンの太陽光発電所は現在、運転中が4カ所、出力計13メガワット、建設中が2カ所、計27メガワット。そのほかに太陽光発電、風力発電など計158メガワットの発電所を計画中。

 BCPGは今回の買収前に、日本で約150メガワットの太陽光発電プロジェクトを買収したほか、タイ国内で出力計180メガワットの太陽光発電所を所有・運転している。他のアジア諸国にも進出し、年内にタイ証券取引所(SET)上場する計画だ。
《newsclip》

特集



新着PR情報