RSS

SBIホールディングス、カンボジアの銀行売却

2016年2月7日(日) 18時07分(タイ時間)
【カンボジア】SBIホールディングスは5日、同社が40%出資するカンボジアのプノンペン商業銀行の全株主が韓国の全北銀行を中心とするコンソーシアムに株式を1億3400万ドルで売却すると発表した。

 プノンペン商業銀行はSBIホールディングスなどが出資し2008年に設立。2015年末時点で総資産約500億円。
《newsclip》

注目ニュース

SBI傘下のタイ初ネット専業証券、16日に営業開始newsclip

【タイ】SBIホールディングス(東京都港区)傘下のタイ初のインターネット専業証券会社「SBIタイオンライン証券」は9月26日に口座開設の受付を開始、10月16日から株式取引サービス(現物取引)を提...

【カンボジア】SBIホールディングスは11日、カンボジアの証券子会社SBIロイヤル証券が、カンボジアで最大規模の工業団地であるプノンペン経済特区を開発運営するプノンペンSEZのカンボジア証券取引所...

【ベトナム】SBIホールディングス(東京都港区)は5日、ベトナムのIT最大手FPT傘下でインターネット仮想商店街を展開する「Sendo」を合弁事業化すると発表した。

【カンボジア、タイ】SBIホールディングスは21日、カンボジアの証券子会社SBIロイヤル証券がタイの同業フィナンシア・サイラス・セキュリティーズと業務資本提携を行うことで基本合意したと発表した。



新着PR情報