RSS

春節迎えたバンコク中華街 

2016年2月9日(火) 00時30分(タイ時間)
 の画像
 
写真、齋藤正行
 の画像
 
写真、齋藤正行
 の画像
 
写真、齋藤正行
 の画像
 
写真、齋藤正行
 の画像
 
写真、齋藤正行
 の画像
 
写真、齋藤正行
 の画像
 
写真、齋藤正行
 の画像
 
写真、齋藤正行
【タイ】8日に春節(旧正月)を迎えたバンコクでは、中華街のヤワラート通りが歩行者天国となり、多くの人で賑わった。

 通りは赤で彩られ、中国系タイ人や中国語を話す外国人旅行者が多く見られた。タイ人女性はチャイナドレス風の服装が目立った。欧米人旅行者も、昨年と比べるとかなり見かけるようになった。

 一方、通りの両わきに並ぶ露店や屋台は一般的な商品や料理を出す店がほとんどで、旧正月でありながらもタイらしさが感じられた。獅子舞などの催し物も行われたが、爆竹は少なく、かなりの数の警官が警備に動員されていた。

 フアラムポン駅(バンコク中央駅)前、ラマ4世通り、ジャルーンクルン通りなど、ヤワラート通りにつながる道路は、春節と従来の地下鉄工事のための交通規制で激しい渋滞が起きた。
《newsclip》

特集



新着PR情報