RSS

バンコク都庁、運河の堤防建設開始

2016年2月10日(水) 14時43分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
【タイ】バンコク都庁は、洪水対策の一環として、ラープラーオ運河など都内の運河に鉄筋コンクリート製の堤防を建設する方針を固め、10日、スクムパン都知事らが出席し、着工式を行った。

 堤防は総延長22キロを予定している。当面は運河の上や岸に違法な建築物がない約8キロで工事を行う。
《newsclip》

注目ニュース

バンコク中華街、運河上の市場撤去newsclip

【タイ】バンコク都庁は16日までに、バンコクの中華街のオンアン運河沿いや運河の上を不法占拠したサパーンレク市場の強制撤去作業をほぼ終えた。

バンコクのセンセープ運河、軍政が浄化計画newsclip

【タイ】タイ軍事政権は10日の閣議で、バンコクのセンセープ運河の浄化計画を承認した。70億バーツを投じ、今後2年で水質の改善、河岸の整備、防犯カメラの増設などを行う。

バンコクの運河沿いの寺に船でろうそく運ぶ 「三宝節」「入安居」でnewsclip

【タイ】29日、バンコクのパーシージャルーン地区で、30日の「三宝節(アーサーラハブーチャー)」、31日の「入安居(カオパンサー)」で使用するろうそくを運河沿いの寺に船で届ける儀式が行われた。

ラムカムヘン駅に新たな船着場 鉄道と運河ボート接続newsclip

【タイ】バンコク都内と郊外のスワンナプーム空港を結ぶ高架電車エアポートリンクのラムカムヘン駅から約150メートル離れたセンセープ運河沿いに新たな船着場「ラム1」が整備され、28日、アーコム運輸相ら...

特集



新着PR情報