RSS

旺角衝突の逮捕54人・負傷125人、香港警察は「騒乱」行為と非難

2016年2月10日(水) 19時46分(タイ時間)
【中国】香港警務処(警察)の盧偉聡・処長は9日、旺角(モンコック)で8日に起きた警察と民衆の大規模衝突事件について、逮捕者が54人に上ったと発表した。けが人は125人。

 盧処長は事件について、治安を深刻に脅かす行為で、放火などを伴う「暴乱」と呼んだ。道路の占拠などを伴う「騒乱」より、罪が重い。

 2015年1月に発足した「本土民主前線(Hong Kong Indigenous)」などが騒ぎを起こしたとされる。香港大学学生会の機関誌「学苑」によると、大学生3人が逮捕されたという。

 同団体は、香港の民主派が組織。民主化要求運動の「雨傘革命」(2014年9月~12月)参加者らが立ち上げた。総数約60人、9割は1990年代生まれ。中産階級の若年層から主に支持されている。
《亜州IR株式会社》


新着PR情報