RSS

「職場・学校以外で文章読む」  タイ人の78% 

2016年2月14日(日) 21時30分(タイ時間)
【タイ】タイ統計局が2015年5、6月に約5万5920世帯を対象に実施した調査で、「勤務中もしくは教育機関での学習中以外の時間に、書籍、インターネットなどで文章を読むか」という質問に、6歳以上の77・7%が「読む」と回答した(2013年調査81・8%)。

 「読む」と答えた人の割合は男性78・9%、女性76・5%。

 年齢別では6―14歳90・7%(2013年調査95・1%)、15―24歳89・6%(同90・1%)、25―59歳79・1%(同83・1%)、60歳以上52・8%(同57・8%)。

 地域別ではバンコク首都圏93・5%、中部78・4%、北部74・3%、東北部73%、南部75・1%。

 読む媒体(複数回答可)は「新聞」66・9%、「雑誌」39・4%、「小説、漫画」36・6%、「インターネットの交流サイト(SNS)、電子メール」51・1%などだった。

 読む内容(複数回答可)は「ニュース」48・5%(2013年調査54・3%)、「旅行、一般知識」48・5%(同36・4%)、「娯楽」40・1%(同32・3%)だった。

 「読む」平均時間は1日あたり66分(2013年調査37分)だった。年齢別では6―14歳71分(同46分)、15―24歳94分(同50分)、25―59歳61分(同33分)、60歳以上44分(同31分)。
《newsclip》

注目ニュース

【中国】読書をするインターネットユーザーのうち、携帯電話を利用する人が全体の38.7%を占めることが分かった。

【中国】「第11回全国国民読書調査」の結果が21日、北京で公表され、中国人の読書量が増えていることが明らかになった。

特集



新着PR情報