RSS

中国:「政治体制の安全」確保に注力、最高検察院が全国に指示

2016年2月18日(木) 11時40分(タイ時間)
【中国】国営メディアの新華社によると、中国最高検察院はこのほど、全国の検察機関に対して「国家安全法」と「反テロ法」を徹底的に運用するよう指示した。

 「政治体制の安全」を検察活動の最優先事項とし、テロ犯罪とテロ支援活動への取り締まりを徹底するよう求めたという。米系メディアでは、「全国で治安維持を目的とした言論などへの締め付けが強まる恐れがある」と指摘している。

 同院はこのほか、反社会勢力、暴力犯罪、振り込め詐欺などインターネット犯罪への取り締まり強化も求めた。

 広東省のある検察官は米系メディアに対し、「政府は司法機関に対し、政治体制と政権の2つの安全維持活動を特に強化するよう求めてきた」と述べている。「政治体制の安全」は、香港での自治を求める動きにも関連。「政権の安全」は、共産党の政権党としての地位保全が目的だ。

 浙江省の呂洲浜弁護士は、「当局が強調する国家の安全は範囲が広く、具体的な細則がない。当局はさまざまな行為を任意に『国家の安全を害する』とみなすことが可能」と指摘する。ネット上での言論や株価の予測なども「国家の安全を害する」行為とみなすことも可能になるという。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報