RSS

日通、カンボジア発複合ハンガー輸送

2016年2月19日(金) 00時20分(タイ時間)
カンボジア―ベトナム間国境を通過するダブルライセンス車両の画像
カンボジア―ベトナム間国境を通過するダブルライセンス車両
写真提供、日本通運
ハンガーキットを設置したコンテナの画像
ハンガーキットを設置したコンテナ
写真提供、日本通運
【カンボジア】日本通運はカンボジア発の高速複合輸送サービスにハンガーキットを取り付ける「ハンガー輸送サービス」を追加し、20日から開始する。スーツやドレスなどの服飾品を縫製工場のあるカンボジアから日本の主要港までコンテナ内に吊るしたまま輸送する。

 通常の海上輸送コンテナにハンガーキットを設置するため、ハンガー専用コンテナの運用を待つ必要がなく、顧客のスケジュールに合わせた出荷が可能。工場側では梱包作業、梱包資材が削減でき、店頭では開封の手間がかからず、すぐに陳列、販売できる。カンボジアからベトナムのホーチミン市まで国境での積み替えなしで陸路輸送し、ホーチミン市から日本まで海上輸送する。

 カンボジアにはアパレル企業の縫製工場が多くあり、日本への輸出拠点となっている。
《newsclip》

注目ニュース

日通、タイ・レムチャバン港近くに新倉庫newsclip

【タイ】日本通運は25日、タイ子会社のタイ日本通運が同国東部チョンブリ県シラチャー郡に建設した倉庫「レムチャバンヘビーイクイップメントロジスティクスセンター」(LHELC)が竣工したと発表した。

【ミャンマー】日本通運は14日、ヤンゴン郊外のティラワ経済特別区に新会社「日通ロジスティクスミャンマー」を設立したと発表した。

日通、タイ―ミャンマー間陸路輸送3日に短縮newsclip

【タイ、ミャンマー】日本通運は9日、バンコク―ヤンゴン間の陸路輸送サービスのルートを変更し、ドアツードアのリードタイムをこれまでの4日から3日に短縮したと発表した。

【ベトナム】日本通運のベトナム法人ベトナム日通エンジニアリングは北部ハイフォン市のディンブー工業団地に倉庫を建設中だ。11月竣工の予定。敷地面積5万5290平方メートル、倉庫面積1万7786平方メ...



新着PR情報