RSS

中国:海航傘下の天津天海、6840億円で米イングラム・マイクロ買収

2016年2月19日(金) 15時18分(タイ時間)
【中国】航空系コングロマリットの海航集団は、傘下上場企業の天津天海投資(600751/SH)を通じ、IT機器・ソフトウエア販売の米イングラム・マイクロ(IM/NYSE)を買収する計画だ。

 1株当たり38.90米ドル、総額60億米ドル(約6840億円)を投じて傘下に収める方針。海航集団はイングラムが擁するサプライチェーンをグループに組み込むことで、物流部門の強化につなげたい考えだ。外電が18日伝えた。

 今回の買収には、米外国投資委員会(CFIUS)の承認が必要。同委による調査の結果、買収が白紙となった場合、天津天海投資はイングラムに対し、4億米ドルを支払うことで合意している。

 イングラムはスマートフォンやパソコン、周辺機器など、各種IT機器の卸売が主力業務。アップルやシスコシステムズなど、大手企業の製品を多数取り扱っている。

 中国企業は今年に入り、海外でのM&Aを加速させている。ブルームバーグのまとめによると、今年に入って明らかとなった中国企業の海外買収案件は、わずか48日間で総額238億米ドルにも上った。これは過去最高を記録した昨年の256億米ドルに迫る勢いとなっている。
《亜州IR株式会社》

特集

IT



新着PR情報