RSS

日本電気硝子、マレーシアで医薬用管ガラス増産

2016年2月22日(月) 22時57分(タイ時間)
医薬用管ガラスの画像
医薬用管ガラス
写真提供、日本電気硝子
【マレーシア】日本電気硝子(滋賀県大津市)のマレーシア子会社ニッポン・エレクトリック・グラス(マレーシア)はアンプル、バイアルなどの医薬品容器やプレフィルドシリンジ(薬剤充填済み注射器)に使用する医薬用管ガラスの製造設備を増設し、7月に生産を開始する。

 中国などアジア市場の需要増加に対応する。投資額は約20億円。今回の設備増強で、日本電気硝子グループの医薬用管ガラスの生産能力は約25%増加する。
《newsclip》

注目ニュース

【マレーシア】日本電気硝子のマレーシアの100%子会社ニッポン・エレクトリック・グラス・マレーシアは自動車部品などに使用する高機能樹脂強化用グラスファイバーの生産能力を増強する。

特集



新着PR情報