RSS

双日、シンガポールのリース付き中古航空機販売会社に出資

2016年2月22日(月) 22時58分(タイ時間)
【シンガポール】双日は22日、航空機の機体、エンジン、部品などの整備を手がけるシンガポール企業シンガポール・テクノロジーズ・エアロスペース傘下でリース付き中古航空機販売事業を行うキーストーン・ホールディングスの株式50%を約12億円で取得すると発表した。

 中古で調達した機体に適切な整備を施して中古価値を維持しながらリース運営を行い、売却先のマーケティングを十分に実施することで、機体・部品売却時の経済効果を最大化する。

 航空機市場は新興国の所得増加にともなう旅客数の増加や格安航空の普及などで堅調な伸びを示し、全世界の運航機数は今後20年で倍増すると予想される。一方、航空会社の競争激化にともない、今後、コスト優位性のある中古航空機の需要拡大が見込まれ、経営効率化の観点からリース機の需要拡大が期待される。

 双日はシンガポール・テクノロジーズ・エアロスペースとの合弁事業を通じて世界の航空機需要を取り込み、リース、中古機販売だけでなく、今後、シンガポール・テクノロジーズ・エアロスペースグループとの協働により、パーツアウト事業(退役航空機の機体を解体、その各部品を在庫管理し販売する事業)やビジネスジェット事業などへ機能拡大を図る。
《newsclip》

特集



新着PR情報