RSS

日本政府、タイ北部で消防車無償供与

2016年2月23日(火) 23時56分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、在チェンマイ日本国総領事館
 の画像
 
写真提供、在チェンマイ日本国総領事館
 の画像
 
写真提供、在チェンマイ日本国総領事館
【タイ】日本政府はタイ北部チェンマイ県プラーオ郡ローンコート地区にクレーン・水槽付き中型消防ポンプ自動車1台を無償供与することを決め、23日、在チェンマイ日本領事館で署名式が行われた。支援額は280万バーツ(約952万円)。

 同地区では周辺地区で行われた山焼きの延焼による山林火災が度々発生しているが、地区の行政機構は消防車を所有していなかった。日本が供与した消防車は消火活動だけでなく、渇水時の給水、電線・街灯の管理補修、木枝の伐採作業などにも使用される。

ローンコート地区はチェンマイ市の北約100キロに位置する。総面積305平方キロの93%が山岳地域で、ほとんどが国立公園、保護林に指定されている。人口は約4600人で、大半が地区中心部の盆地で農業に従事。同地区では環境と住民の生活の共生を目指した住民参加型のプロジェクトを実施し、地区内の関係諸機関と住民が協力して環境保全に取り組んだ結果、森林の違法伐採がほとんどなくなった。2015年にはタイ政府から環境と住民の共生のモデルケースとして認定された。
《newsclip》