RSS

タイ官民連携事業、都市鉄道2路線承認

2016年3月1日(火) 22時18分(タイ時間)
 昨年12月に行われたバンコク首都圏の都市鉄道パープルラインの試運転開始式典の画像
 昨年12月に行われたバンコク首都圏の都市鉄道パープルラインの試運転開始式典
写真提供、タイ首相府
【タイ】PPP(官民連携)プロジェクトの推進を目的に設置されたPPP委員会は2月29日、バンコク首都圏の都市鉄道「ピンクライン」「イエローライン」の開発計画を承認した。タイ電車公社(MRTA)がPPPプロジェクトとして、民間資本を導入して開発する。

 「ピンクライン」はバンコク北郊のノンタブリ県ケーライ―バンコク都ミンブリ(34・5キロ)で、事業費は566・9億バーツ。「イエローライン」はバンコク都ラープラーオ~バンコク南郊のサムットプラカン県サムロン(30・4キロ)で、事業費546・44億バーツ。
《newsclip》

注目ニュース

バンコクの都市鉄道パープルライン、試験走行開始newsclip

【タイ】バンコク北部のバンスーと北西郊外のノンタブリ県バンヤイを結ぶ都市鉄道パープルラインの試験走行が14日、始まり、バンヤイの車両基地でプラユット首相が記念式典を行った。

特集



新着PR情報