RSS

中国:河南で元検事が車暴走事故、中学生11人死傷

2016年3月3日(木) 13時44分(タイ時間)
【中国】河南省南陽市で2月29日正午ごろ、オフロード車1台が横断歩道を渡っていた中学生らの列に突っ込むという事故が発生した。生徒1人が死亡、10人が重軽傷を負っている。外電が伝えた。

 車を運転していたのは、南陽市中級検察院の元検事。車は交差点を曲がった後、スピードを上げて通行人にぶつかった。故意に暴走した疑いもあるという。

 この元検事は現在、市内の不動産会社傘下の金融会社に勤めている。最近、勤務先が経営不振となり、経営者が夜逃げした。元検事は「出資者から責められ、耐えられなかった。社会に報復したかった」と話しているという。なお、事故を起こしたオフロード車は、不動産会社の社有車だった。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報