RSS

バンコクのマンション新規供給、今年は減少

2016年3月3日(木) 23時16分(タイ時間)
【タイ】不動産コンサルタントのネクサス・プロパティー・マーケティングは、今年にバンコクで新規供給されるコンドミニアム(分譲マンション)が、5万戸にとどまり、昨年の5・4万戸から減少すると予測している。

 新規供給のうち、低中級物件が4・5万戸、高級物件が4500戸、超高級物件が500戸の見通し。

 販売価格の上昇率は、10・4%から7%に鈍化するもよう。昨年末の1平方メートル当たりの平均価格は10・6万バーツで、前年末の9・6万バーツから10%上昇した。
《newsclip》

注目ニュース

バンコクのマンション価格指数、第4四半期5・1%上昇newsclip

【タイ】タイ政府住宅銀行(GHB)不動産情報センターがまとめた2015年第4四半期のバンコクのマンション価格指数(2012年100)は117・6で、前年同期比5・1%上昇した。

IHI運搬機械、バンコクのマンションに機械式駐車場納入newsclip

【タイ】IHI運搬機械(東京都中央区)は24日、タイの不動産ディベロッパー、アリヤ・プロパティーがバンコクで開発したマンション「A―スペースME(スクムビット77)」に機械式駐車場を納入したと発表し...

【タイ】タイのテレビ報道によると、タイ警察は8日、バンコク都内スクムビット・ソイ33通りのマンションの受付のタイ人女(18)を窃盗容疑で逮捕し、盗品とみられる真珠のネックレス、腕時計、携帯電話、現...

マンション、ホテル、SC タイ東部の日本人町シラチャーで複合施設開発newsclip

【タイ】タイの不動産ディベロッパー、オリジン・プロパティーはタイ東部チョンブリ県シラチャー郡でマンション、ホテル、商業施設からなる複合施設を開発する。

特集



新着PR情報