RSS

国交省、ラオス・タイ・ベトナム間で共同集荷・陸上輸送実証事業

2016年3月7日(月) 22時14分(タイ時間)
【ラオス、タイ、ベトナム】日本の国土交通省は8日から14日にかけ、ラオス、タイ、ベトナムの3国間で、ハブ・アンド・スポーク方式による共同集荷・共同陸上輸送システムの導入に向けた実証事業を行う。

 バンコク、ハノイ、ビエンチャンから出荷した貨物を、ラオス中部のサワンナケートに集約し、通関、仕分け後、上記3都市に出荷する。

 同地域で陸送物流網を構築する場合、ハブ・アンド・スポーク方式を導入し、複数荷主の貨物を集荷、仕分けし、混載した上で、複数の物流事業者により各都市に向けて輸送することが効率的と判断。実証事業を通じ、運営上の課題や効果を検証し、システム導入に必要な制度、手続きの課題を調査する。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ、ミャンマー】日本の国土交通省は2月3日から8日にかけ、バンコクからヤンゴンへのトラック輸送の実証試験を行う。

特集



新着PR情報